大学で放射線技師の仕事と放射線について知る

男の人と女の人

放射線と放射能の違い

放射線は高いエネルギーの光や粒のことで、放射能はその放射線を出す能力のことです。放射線は怖いものだと考えている人も多いかもしれませんが、一定量以下であれば被ばくしても影響はありません。放射線検査などでも、それぞれの臓器に一定の限度量が定められているので安心ですね。

診療放射線技師がしていること

診療放射線技師と聞くと、放射線検査をする人というイメージがあるかもしれません。実際には、それだけじゃなくCT検査やMRI検査・マンモグラフィー・血管検査も行います。このことからも、診療放射線技師が医療現場に必要だということがわかりますね。

医療現場で働きたい人は要チェック

原稿用紙

小論文の書き方を身につける【ルールと重要なポイントを把握する】

小論文の書き方を知らない人は意外と多いものです。入試で高い評価をもらうためにも、今のうちに書き方を覚え、書く練習をしておきましょう。入試対策にできることも紹介しているので必見です。

READ MORE
男性

大学で放射線技師を目指す!~放射線を安心して使うために~

医療現場で活躍する診療放射線技師を目指す人は、大学や専門学校で学ぶ内容や卒業後に活躍する場所、求められるものをあらかじめ知っておくといいですね。実際に大学で勉強した人の声も聞いてみましょう。

READ MORE
パソコンを操作する人

医療秘書になって周りをサポートしよう【専門学校で知識を学ぶ】

まだまだ知っている人の少ない医療秘書ですが、どんな仕事をするのか勉強してみると、やりがいのある仕事だとわかります。医療秘書に求められるものや、医療事務との違いを見てみましょう。

READ MORE

[PR]小論文の書き方を詳しく解説!
受験対策にピッタリ☆

[PR]放射線技師の資格が取れる大学を紹介
条件に合った学校を選ぼう

医療現場の豆知識

医療現場では、さまざまな専門用語が使われていますが、ドイツ語が多く使われているのはご存知でしょうか。西洋医学を導入する際、ドイツから先生を招いたことからドイツ語が使われるようになったのです。私たちがよく聞く「ウィルス」「アレルギー」「カルテ」などもドイツ語が由来なんですよ。