大学で放射線技師を目指す!~放射線を安心して使うために~

大学で放射線技師を目指す!~放射線を安心して使うために~

男性

放射線技師になるには

放射線技師になるためには、「診療放射線技師国家試験」に合格し、厚生労働大臣から免許を与えられる必要があります。この試験は誰でも受験できるわけではなく、大学や専門学校などの放射線技師の養成学校で3年以上勉強する必要があります。

学校で学ぶ内容

診療放射線技師の基本的な知識を蓄えるために、解剖学や生理学などの医学分野、電気工学や放射線物理学などの理工学分野を勉強します。また、放射線技師として必要な診療画像技術学や放射線治療技術学なども取り入れていきます。

放射線技師になって活躍する場所

放射線検査は、診療放射線技師にしかできない検査です。そのため、就職先は安定していると言えるでしょう。一般的な就職先は中~大規模の病院ですが、女性技師が出産などで退職することも多いので、女性の求人がよく出されているかもしれません。

専門的な知識をわかりやすく伝える必要もある

放射線への関心が高まっている現在、より安全に放射線を使うためには診療放射線技師はとても重要な存在です。また、患者さんの中には放射線に対して不安を持っている人もいるので、専門的な知識をわかりやすく説明する必要があるでしょう。

必要とされる存在

診療放射線技師になるには専門的な知識も必要で、国家資格も取らなければいけませんが、医療現場から必要とされている存在だとわかりますね。実際に大学に通って、診療放射線技師になった人の声も聴いてみましょう。

放射線技師の大学に通った人の声

憧れの放射線技師になれた

子供のころから、放射線技師に憧れて大学に進学し、専門的な知識を勉強しました。とてもやりがいのある仕事だし、医療現場では必要な存在なので大学できちんと勉強出来てよかったです。