医療秘書になって周りをサポートしよう【専門学校で知識を学ぶ】

やりがいのある仕事

医療現場という専門的な職場で働くには、それなりの知識を必要とします。また、秘書は周りの仕事のサポートをしたり、縁の下の力持ちのような存在です。派手な仕事ではありませんが、とてもやりがいのある仕事です。

医療秘書に求められるもの

事務能力

医療秘書は、一般的な企業の秘書と同じように事務能力が求められます。電話対応や来客対応、パソコンの基本操作などは就職する前に勉強し、身につけておく必要があります。

医学に関する知識

医療機関で働くわけですから、医師や看護師ほどではないにしろ、医学に関する知識や人体に関すると知識を持っておくといいでしょう。知識があれば、医師や看護師ともスムーズに仕事ができます。

コミュニケーション能力

医療秘書は、来客対応やマスコミ対応なども行うことがあります。また、周りのスタッフと円滑に意思疎通するためにもコミュニケーション能力を磨いておくといいでしょう。

周りへの配慮

周りのスタッフが効率よく連携をとって仕事をできるように、サポートしなくてはいけないので、配慮ができるよう広い視野を持つ必要があります。また、患者さんが不安を感じたときにも安心できるような対応が必要です。

医療秘書になって周りをサポートしよう【専門学校で知識を学ぶ】

パソコンを操作する人

医療事務とは仕事の内容が違う

医療事務は病院の受付や会計・カルテ整理が主な仕事となっています。一方、医療秘書は大きな病院の院長などの秘書として、来客対応やスケジュール管理を行います。また、学会の準備を手伝ったり、論文を検索することもあるので、医療事務とは仕事内容に大きな差がありますすね。

資格取得は必須ではない

医療秘書は、国家資格が必要な仕事ではありません。特定の資格や免許を取得する必要もありません。しかし、医療秘書を目指す人は仕事の役に立つように「医療秘書技能検定」という試験を受ける人が多いでしょう。学歴や年齢は関係なく受験できるので、医療秘書に興味のある人は受験しておくといいですね。

医療秘書になるには

医師や看護師と違ってあくまでも事務職なので、医学に関する専門的な勉強をしないといけないわけではありません。「大学を卒業している」などの条件も無いので、誰でも医療秘書になることは可能です。しかし、自分だけで勉強するのも大変でしょうから、専門学校などに通って勉強するのもいいですね。

医療秘書の収入

医療施設で働くと聞くと、「専門的で収入も多いのではないか」と思っている人も多いかもしれませんが、一般的な事務職と大きな差はありません。大きな総合病院で正社員として雇用されれば、月収15~25万円ほどでしょう。非正規であれば、月収15万以下になるのも珍しくありません。